弁護士等紹介

当事務所は依頼者ベースの拡大、案件の大型化に対応するべく、着実に弁護士数を拡大しております。

中野昌治
学歴・経歴 福岡県立小倉高等学校卒業
一橋大学大学院修士課程修了
昭和50年~昭和57年
法務省・福岡法務局訟務検事(国の民事・行政事件担当)
昭和57年
弁護士登録(福岡県弁護士会北九州部会)
平成9年~現在
九州女子大学講師
平成9年~現在
九州大学法科大学院講師
平成20年~現在
九州大学法科大学院講師
平成21年~現在
西日本工業大学理事
弁護士会での
主な役職
平成8年~平成9年
福岡県弁護士会副会長・日弁連理事
平成9年~平成10年
日弁連司法制度調査会副委員長
平成10年~平成12年
北九州部会長
公職・資格等 法務省人権擁護委員
北九州市社会福祉法人審査会委員長
北九州成年後見センター代表理事
北九州市立大学監事
主な取扱い分野 行政関係、労働関係、企業法務、企業再生・倒産関係
自己紹介 弁護士会の軟式野球チームの監督で時々ファーストを守っていましたが最近はスカウト業に専念しています。
事件では、倒産処理が専門のようになっておりましたが、従来より行政関係が専門領域です。
これからは、知的財産や、海外(中国・韓国・東南アジア)の問題も研究したいと思っております。